2007年11月09日

中高年の再就職者、転職者を理解してくれる会社があると思います?


スポンサードリンク



あなたはきっと自分を高く評価してくれるところに就職したいはずです。それは給与や待遇に繁栄されるべきだとも思っているはずです。また、ありのままの自分を評価して欲しいなどとも思ってはいないでしょうか。数年前、いやもっと以前の右肩上がりの時代であればそんな会社もあったかもしれません。しかし今はまだ景気が回復したといえども、それは大手企業の話。中高年が転職・再就職する先ははとんど中小企業ですから、景気はよくありません。むしろ悪化している状況です。そんな時代に悠長なことを言っていては、再就職先など到底見つからないでしょう。企業はあなたの家族ではありません。はっきりいってかなりドライに見られる時代。世の中はあなたが良い思いをした時代とは違い、相当シビアな状況なのです。そういう時代に受け身の姿勢で待っていたって再就職先は決まりません。積極的に自ら接点を作って、あなた自信をアピールしていかないといけません。あなたの知らないところであなたと同じ境遇の人がもうすでに、再就職のために努力をしています。遅れをとらないためにも再就職のための知識やノウハウを積極的に取り入れていきましょう。受け身では決して何も生まれないのですから。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキングへ
posted by 中高年の星 at 19:06 | 再就職の豆知識

2007年11月07日

中高年の転職、再就職率はどのくらい?


スポンサードリンク



ある県では中高年の離職者を職場実習を通じて再就職につなげていこうという取り組みを始めているところもあるようです。予算で職場実習枠を確保したりなどの実施状況を見ると、再就職率が6割ぐらいということで、想定した以上の成果が見えてきたとのこと。事実中高年の転職、再就職は本当に厳しいものがあります。よっぽどのスキルや人脈があるのであれば別ですが、ただでさえ平成不況の厳しいおり、若者でさえ就職に就くのが難しい時代です。6割という結果を良いととらえるか、悪いととらえるかは本人次第。二人に一人は中高年であろうとも転職、再就職ができるのです。3、4回面接に落ちることなんて当たり前。今の若者はもっと落とされています。中高年の方々が初めて就職された時代とは訳が違います。20、30回は落とされる覚悟をして、気合いを入れて転職、再就職活動に臨みましょう。そしてその6割の中に入れれば仕事のありがたみを感じることができるのではないでしょうか。


人気ブログランキング【ブログの殿堂】
人気ブログランキングへ
posted by 中高年の星 at 08:04 | 再就職の豆知識